正しいED治療とは?

バイアグラジェネリック -ED治療薬がぐっとリーズナブルに!バイアグラジェネリックについて徹底検証 –

ED治療史上で最も知名度が高い「バイアグラ」。これまでバイアグラは、正しく使えば強力な味方となってくれるものの、値段が高いのがネックとされてきました。
しかしそのバイアグラも2014年に特許が失効。多数のメーカーからジェネリック品が出回るようになりました。これをきっかけに、ED治療薬はこれまでよりグッと身近になると言われています。バイアグラジェネリックについて詳しく解説していきます

バイアグラジェネリックとは?

バイアグラジェネリック品の種類と特徴
薬

ファイザー製薬が販売しているシルデナフィル(商品名『バイアグラ』)。
勃起不全治療薬として世界的に抜群の知名度を誇る商品ですが、値段が高いのもまた事実です。
医薬品の世界では、ひとつの新薬を開発するのに一般的には数百億円、場合によっては一千億円かかることもあると言われています。開発にかかる年月も10~20年とかなり長期です。
したがって新薬を開発したメーカーは、販売が承認されたらしばらくはその投資分を回収するため「特許期間」が設けられています。そして約20年後、その特許が切れると他の製薬会社も先発品と同じような効果を持つ薬を作って販売できるようになります。これがいわゆるジェネリック医薬品です。
新薬を開発するのと比べて格段に安いコストで作れるため、販売価格も先発薬より20~40%ほど安価になるのが一般的です。 1999年にファイザー製薬が製造承認を受けた「バイアグラ」は、シルデナフィルとしての特許が2013年に、バイアグラとしての特許が2014年に切れたため、各製薬メーカーが一斉にジェネリック品の開発・販売に乗り出しました。
初のジェネリック販売薬となったのは東和薬品の「シルデナフィルOD錠『トーワ』」で、2014年5月に登場。現在10社あまりからバイアグラジェネリックが販売されています。発表順にメーカー、用量、特徴をあげてみましょう。

① シルデナフィル錠OD錠50mgVI「トーワ」

  • 製造販売:東和薬品
  • 水なしで服用可能なOD錠、レモン味とコーヒー味の2種類がある。
  • 白い錠剤。割線(割って使うための線)がある。

② シルデナフィル錠50㎎VI「YD」

  • 製造販売:株式会社陽進堂
  • 青い楕円形の錠剤、割線あり。

③ シルデナフィル錠50㎎VI「あすか」

  • 製造:あすか製薬株式会社販売:武田薬品株式会社
  • 青い楕円形の錠剤、割線あり

④ シルデナフィル錠50㎎VI「キッセイ」(25mgもあり)

  • 製造販売:キッセイ薬品工業株式会社
  • 青い丸型の錠剤、割線なし。

⑤ シルデナフィル錠50㎎VI「FCI」(25mgもあり)」

  • 製造販売:富士化学工業株式会社
  • 本家ファイザー製薬の「バイアグラ」の完全コピー品。色、形、添加物に至るまでファイザー製品と全く同じ。割線なし。

⑥ シルデナフィル錠50㎎VI「DK」(25mgもあり)

  • 大興製薬株式会社 販売:本草製薬株式会社
  • 薄いピンクの錠剤、割線なし。

⑦ シルデナフィル錠50㎎VI「FCI」(25mgもあり)」

  • 製造:大興製薬株式会社 販売:摩耶堂製薬株式会社
  • 薄いピンクの錠剤、割線なし。⑥とは同一商品、販売元の違いのみ。

⑧ シルデナフィル錠50㎎VI「TCK」(25mgもあり)

  • 製造販売:辰巳化学株式会社
  • 薄いピンクの錠剤、割線なし。

⑨ シルデナフィル錠50㎎VI「SN」

  • 製造:シオノケミカル株式会社 販売:アルフレッサファーマ
  • 薄いピンクの錠剤、割線なし。

⑩ シルデナフィル錠50㎎VI「テバ」(25mgもあり)

  • 製造販売:テバ製薬株式会社
  • 薄いピンクの錠剤、割線なし。

もう1社製造認可を受けている会社がありますが、販売未定のため省略します

東京での販売価格について

東京におけるバイアグラジェネリックの相場は?

バイアグラは勃起不全治療薬の先発薬であることから、1錠あたりの単価は高めでした。とはいえ、基本的にED治療薬には国で定められた基準料金存在しないため、県や地域、病院、ネットショップなどによって販売価格は異なります。
一つの目安として、東京での1錠あたりの平均価格を調査してみると、バイアグラ25mgで1200円前後、50mgで1300円前後。全国的に見れば25mgで1300円、50mgで1500円というから、東京ではほかの地域より比較的安価で入手可能ということになります。
さて、一方注目のバイアグラジェネリック。こちらはどのメーカーのジェネリックかにもよりますが、1錠あたり25㎎で490~1100円前後、50㎎で860~1300円前後が相場になると言われています。先発薬バイアグラと比べるとかなり安価です。けれど、あまりに安いとその安全性や効能に問題はないかという心配が出てきます。

ジェネリックの安全性

本家バイアグラとジェネリック、効能はどう違う? 安全性は?
体調

上記に挙げたジェネリックは、いずれもバイアグラと同成分を同量配合してあるため薬の効果としての違いはほとんどありません。薬を成型したり色を付けたりする過程で使用される添加物の違いなどはあっても、基本的な効能は同じです。ここで気を付けなければいけないのは、当然ながら副作用も同じように表れるということです。
バイアグラには、顔がほてる、頭痛、動悸などの副作用がある。狭心症などで使用されるニトログリセリンなどの硝酸剤を服用している人にとっては併用禁忌薬だ。万が一のことを防ぐためにも、ジェネリックを求めようとするときは医師の診察を受け、処方箋を書いてもらった上で服用するべきです。

バイアグラ以外のジェネリックはある?

レビトラ、シアリスにもジェネリックは存在する?

ED治療薬として最も知名度の高いバイアグラには、10種を超えるジェネリックが存在しますが、他の治療薬はどうでしょう。 まずバイアグラと特徴が比較的似ているレビトラ(成分名:バルデナフィル)。
2015年6月現在で、残念ながら日本国内で認可されたものはありません。2004年の発売開始からまだ20年を経ておらず、開発元のバイエル製薬の特許が切れていないからです。同様に、2007年販売が開始され、近年ED治療薬市場の一番手に躍り出たシアリス(成分名:タダラフィル)も正規のジェネリック品はまだありません。 市場に出回っているこれらのジェネリックと言われるものは、海外で製造されたものを指し、主に個人輸入により入手することになる。その国において認可された正しい薬であれば良いのですが、中には精巧な偽物も多く存在します。
日本国内では認可されていない成分が含まれていたり、まったく違う成分の薬をED治療薬のジェネリックとして販売していることもあるため注意が必要です。特にED治療薬においては禁忌とされる病気や併用薬があるため、素人判断で服用すると命に関わることもあります。可能な限り治療薬は専門医で処方を受けたものを服用するようにしてください。

おすすめはバイアグラジェネリック

コスパで選ぶならバイアグラジェネリック

ED治療薬には、ピンからキリまであります。命の危険を冒してまで“キリ”を選ぶことは絶対におすすめできません。安全に正しく服用したいと思うなら、バイアグラ、レビトラ、シアリスといった開発メーカーの純正品を使用するのが一番。しかし10錠で1万5000円程度になる純正品は、手が出しにくく続けにくいことを考慮すると、品質も安全性も純正品となんら遜色のないバイアグラジェネリックがおすすめということになります。
患者にとってのメリットも考慮して処方してくれるクリニックを選び、適切なED治療を続け、男として張りと自信のみなぎる毎日を取り戻しましょう。

シアリス -驚異のスタミナ!弱点を改善した第3の治療薬 –

シアリス

日本における知名度はまだまだ低いのですが、世界シェアはNo.1の実力者。バイアグラ、レビトラの弱点を改善した薬として売り出されているのがシアリスです。
効果の持続力、副作用の発現、食事・アルコールの影響度、性行為への取り組みやすさ、どれをとっても申し分ないと言われています。知名度や即効性をそれほど重視しないのであれば、シアリスを選択肢に入れない手はありません。ED治療における「次世代薬」という位置づけです。

シアリスは最後に開発されたED治療薬

国内では3番目に承認されたED治療薬。バイアグラやレビトラのデメリットを改善するというコンセプトで作られた医薬品という点が、他2薬と決定的に違います。
分類的にはバイアグラ、レビトラと同じPDE-5阻害剤に該当しますが、効き目が長時間続く、食事やアルコールの影響を受けにくいといった特徴があり、「次世代のED治療薬」とも呼ばれています。
主成分はタダラフィル。これは「肺動脈性肺高血圧症」や「前立腺肥大症」に用いられる薬にも含まれる成分です。

116か国1000万人が使用

2003年にアメリカのイーライリリー社によって開発され、2007年に日本国内でも発売開始。当初は日本イーライリリー社から発売されていましたが、2009年から日本新薬が販売を受託。
日本における正規品の表示では、製造がイーライリリー、販売が日本新薬と記載されています。その安全性や効果については、臨床試験を約1100人について行い、ED患者の88%で改善が認められたという報告がされています。
発売以来、世界116か国で承認され、1000万人以上の患者が使用しています。2013年には、ED治療薬世界シェアNo.1に躍り出ました。
日本での知名度はバイアグラの方が圧倒的に強いのですが、今後はシェアが逆転する日も近いかもしれないとも言われています。

驚異の効果、36時間の持続力!

効果

服用後、効果の発現までにかかる時間が30分~4時間と、とても個人差が大きいのが特徴です。平均して約3時間後にピークを迎え、10㎎では20~24時間、20㎎では30~36時間と、服用量が増えるほど効果も持続します。
シアリス最大の特徴は、この驚異的なスタミナです。バイアグラが3~6時間、レビトラが5~10時間の効果なのに対し、シアリスはその3~10倍。よって、性交渉の直前にあわてて服用する必要はありませんし、また「●時までに終わらせなければ」とあせることもないため精神的プレッシャーも感じにくいでしょう。男女の機微は複雑です。いろんな駆け引きだってあるでしょうし、思惑通りに進むなんてめずらしいのだから、この持続時間はたくさんの人にとって喜ばしいこと。海外では、金曜の夜に仕込み日曜までいけるところから「ウイークエンド・ピル」という”称号”まで与えられているそうです。と言うと、ものすごい効き目を想像するかもしれないが、その点は大丈夫。ちょろちょろと出る蛇口の水のように、じんわり穏やかな効果が続く。飲んで時間が経っているにも関わらず効果が持続していることから、まるで自分の力だけで勃起できたかのように思えるナチュラルさも魅力なのです。

服用は空腹時がベスト

通常は10㎎が処方されるが、副作用が少ないためか20㎎が出されるケースも多いのがシアリス。
また、バイアグラやレビトラと比べて食事・アルコールの影響を受けにくいといわれていますが、やはり空腹時に服用する方がベストです。
食事については「800kcalまで」という制限がついています。
飲み過ぎ、食べ過ぎの場合は効果が薄れるので注意してください。
ちなみに800kcal程度の外食メニューとは、吉野家の牛丼並盛(669kcal)、CoCo壱のポークカレー(755kcal)、マクドナルドのビッグマック(557kcal)など。ポテトS(247kcal)をプラスするともう800kcal越えになってしまいます。
どうしても服用前に食事する場合は、あっさりしたものを腹8分目、服薬の約2時間前までに終わらせておきましょう。

副作用の発現は少ない

体調

副作用の症状としては、ほぼバイアグラと同じです。
ED治療薬も似たような副作用が言われていますが、シアリスの場合は発言の頻度や症状の度合いが比較的軽いという特徴があります。副作用=薬が効いてきた証拠と思っていてもよいでしょう。
頭痛がひどい場合はロキソニンなどの頭痛薬を併せて飲んでも問題ありません。

薬の飲み合わせに注意

ED治療薬には、併用すると命の危険を伴うものもあります。心疾患(狭心症、心筋梗塞、不整脈など)で医療機関にかかっている人は気を付けてください。ニトログリセリンやアミオダロン、硝酸剤などの処方薬が飲み合わせに良くないとされています。
他にも、慢性血栓塞栓性高血圧症にかかっている人も、シアリス服用前に主治医の診断を仰ぎましょう。

個人輸入は偽物の危険が高い!?

個人輸入

後発薬ではあるが、その人気の高さからシアリスも偽物が多数出回っています。医師の処方ではない、個人輸入や代行業者から入手するのは大変危険です。精巧な技術で製造されているため、見た目で見抜くことは難しく、健康被害の報告も多数寄せられています。

3種の薬のうち、シアリスのいいところとは?

体質に合えば最も使いやすい薬です。効果の持続時間は、他2薬の追随を許さないほどすぐれています。また、食事やアルコールの影響を比較的受けにくいところも支持されている理由でしょう。
デメリット改善のために開発されたとあって、欠点もあまり見受けられません。しかし、ED治療薬の効き目は個人差が大きいもの。信頼できる医師の指示をあおぎながら、自分に一番合う薬を見つけていくのが最も良い方法です

レビトラ -今すぐに!という時はこれ!早漏症にも効果あり –

レビトラ

バイアグラの10年後に承認、発売されたレビトラ。
「男の生命」という意味のED治療薬で、「効き目が出るまでに時間がかかる」「食事やアルコールの影響を受けやすい」というバイアグラの欠点を克服する薬として売り出されました。
日本では有名俳優を起用したCMが展開され、「ED」という病と名前を一般的にした功労者とも言えるでしょう。他2薬に比べ即効性はダントツです。今からすぐに勝負したいとき、レビトラがカバンの中にあれば安心です。

レビトラ、それは暗い日々に光を灯す「男の生命」

アスピリンで有名になったドイツのバイエル社と、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が共同開発。ED治療薬市場を10年間独占していたバイアグラの牙城を崩したのがレビトラです。
主成分は「バルデナフィル」。水に溶けやすい性質があるため、3薬の中で最も即効性があり、バイアグラより食事やアルコールの影響を受けにくいとされています。
レビトラ(levitra)とは、ラテン語で「男の生命」。パッケージには炎のマークが描かれています。これはマッチが着火後すぐに発火することから「すばやく効く」という意味と、「ご無沙汰になり、冷えきってしまった心と体にもう一度光を灯してほしい」という願いが込められているそうです。

印象的な啓発CMで話題に

2003年にヨーロッパ各国とアメリカで承認され、日本では5㎎、10㎎が2004年、20㎎が2007年に認可されました。発売されたとき、俳優の草刈正雄さんを広告に起用されました。
彼がブランコに乗りながら、「♪ラ~ラ~ラバイエ~ル 話しに行くんだ ラ~ラ~ラEDのこと~♪」とCMで歌う姿に衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。バイアグラが発売された当初は、どちらかというと媚薬のようなイロモノ的扱いだったのですが、レビトラCMの登場で、EDという病気が正しく日本で広く知られ、悩みを抱える人々が病院に行く後押しになったという経緯があります。

効果に期待大、重度の糖尿病患者でも服用可能!

効果

服用後、10~30分で効果発現。その後、約5~8時間程度、効き目が持続します。
ED治療薬は勃起時の固さを持続させる効果があるため、固さが足りないために起こる早漏症(PE)の改善にも力を発揮します。特にレビトラは、バイアグラ、シアリスに比べてPEへの効果が高いとされています。日本では20㎎使用時が一番固くなり、射精時間を遅らせることが期待できるとされている。さらにPE治療専門薬と併用すると相乗効果を得られるので、ED、PEの両方に悩む人にとっては最強の組み合わせとなる可能性があります。
一般的にレビトラ20㎎は、バイアグラ50㎎、レビトラ10㎎で有効な効果が見られなかった場合に処方されるケースが多いようです。またレビトラは、バイアグラの使用が認められなかった重度の糖尿病患者や前立腺ガンの手術歴がある人、さらには脊椎損傷で歩けなくなった人に対しても服用が認められており、なおかつ効果があると報告されています。
ただし、20㎎は65歳以上には適応がないので、処方の際には年齢も考慮されます。

服用方法として空腹時が望ましい

バイアグラよりも食事やアルコールの影響を受けにくいのですが、やはり空腹時の服用が一番有効だといわれています。飲む際は、2時間以内の食事、油っこいメニュー、大量のアルコール摂取は避けること。
注意したいのは、レビトラ(ED治療薬全般に言えることだが)はあくまでも勃起を手助けする薬ということ。服用すればどんな状態でもすぐに立つというものではなく、性的刺激や性的興奮がなければ効果の発現を見ることはできません。通常よりも起立状態を保つ補助的役割と考えてください。

血管拡張の副作用は効果発現のサイン

体調

顔のほてり、動悸、目の充血、頭痛、鼻づまり、視界が青く見えるなどの副作用が報告されています。しかし、その頻度はバイアグラよりも少ないようです。
ED治療薬は「血管を拡張して、勃起するのに十分な血液を送り込む」薬であるため、血流増加に伴う副作用は、多少なりとも避けて通ることはできません。むしろ、「顔が熱くなってくると、薬が効いていると実感できる」と、その状態を好む人もいるようです。だが、副作用がきつすぎて行為に集中できないとなれば、話は別です。健康を守るためにも、きちんと担当医師に相談してください。

飲み合わせの禁忌薬が最も多い

レビトラは、飲み合わせの禁忌薬が多い薬です。バイアグラ、シアリスと同様に心疾患(狭心症、心筋梗塞、不整脈など)で処方されるニトログリセリンやアミオダロン、硝酸剤、慢性血栓塞栓性高血圧症の薬が該当する他、抗HIV薬、水虫などに使われる抗真菌薬(内服)、抗不整脈薬の一部も禁忌とされています。
また、グレープフルーツと一緒に摂取するのはNGという話もあるが、真偽のほどは定かではありません。心配な点があれば、自己判断せず、医師への確認をおすすめします。

個人輸入は危険!何が起こっても自己責任

個人輸入

ED治療薬は、偽薬が大量に出回っています。「医師に相談するのが恥ずかしい」「病院に行く時間がない」「ネットの方が安く購入できる」などという理由で個人輸入に手を出すのは絶対にやめましょう。
特に海外サイトでの取引はリスクが大きいもの。当然ながら、何が起こっても100%自己責任です。
危険を見抜けなかった消費者が悪いとされるため、万一健康を害することになったら取り返しがつきません。

3種の薬のうち、レビトラのいいところとは?

なんといっても、即効性に加えPE治療効果も高いところでしょう。ベッドインしてすぐに効き始めるのが、最大の特徴。早漏との2重苦に悩んでいる人にとっても、レビトラの固さ持続の効能は魅力的です。
ED治療薬3種のどれが自分に合っているかは、使い方や好み、体への影響などさまざまな観点から探っていきましょう。容量によっても左右されるので、一回駄目だったからといってその薬が合わないということではありません。医師と話し合いながら、最善の処方(種類と量)を見つけましょう。

バイアグラ -ED治療薬の代名詞”夢の治療薬”は安全性も高い-

バイアグラ

「ED治療薬といえばバイアグラ」という人も多いのではないでしょうか。
発売当初は「夢の治療薬」として話題をさらい、世界中で大ヒット。医薬品の承認が遅い日本でも、異例の早さで承認、発売されたスーパーエリート薬です。
しかし、有名であるがために偽物が多いのも事実。また、「性欲増強作用がある」など誤解されている部分もあります。正しい知識を身に付け、上手に付き合っていければ、強い味方となってくれるバイアグラについての情報をまとめました。

滝のようにダイナミックな効果あり? 最も有名なED治療薬

世界初の経口ED治療薬。現在、世界中で使われていて、安全性も高いと言われています。
日本で発売開始されたのは約15年前。当初は、テレビのニュースやワイドショーを何かと騒がせていたことを覚えている人も多いのでは。
ちなみに「バイアグラ(Viagra)」とは、英語で精力を意味する「Vigor」と、ナイアガラの滝「Niagara」を組み合わせた造語。雄々しく猛々しい感じを想像させ、粋なアメリカンジョークも織り混ぜられたナイスネーミングですね。
そんなバイアグラ、海外では無料配布されたこともあります。ブラジルの、某市長は「市の人口増加のため」市民に無償で提供。さらにアルゼンチンでは、「誤った服用を防ぐため」として、何と国産化し、国民に配布するという取り組みも。いずれにしても南米の話。少子化に悩む日本ですが、そのまま真似をするには少々ハードルが高いかもしれませんね。

元は狭心症薬、2014年にはジェネリック品も登場!

薬

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、もともと狭心症の薬として開発されていましたが、その途中でEDに対する改善効果が見られたため、ED治療薬として研究されることとなりました。
1998年、米国ファイザー株式会社から発売され、翌1999年に日本で承認、発売開始。申請から約半年という、異例のスピード承認でした。
処方には、医師の診断が必要。保険適用外なので、全額自費負担となります。2014年には「ジェネリックバイアグラ」が発売。成分、品質は元の薬と同じですが、低価格で購入できるところが何よりの魅力と言えます。

服用後30分~1時間で効果発現

日本では25㎎と50㎎が扱われていて、一般的には50㎎が処方されます。
個人差はありますが、服用後およそ30分から1時間で効き始め、効果は3~6時間程度持続。ただし、勃起するには性的興奮が必要ですね。バイアグラは、あくまでも「血管を拡張させ、陰茎の血液の流れをよくすることで勃起の手助けをする」薬。性的興奮を呼び起こしたり、精液を増量する作用はありません。
催淫剤や媚薬とは違うのも、この点です。よって、効果が持続している間中、ずっとカンカンに起立したままということはないので、ご安心を。
また、都市伝説的に「避妊や性病の予防効果がある」という噂もありますが、そのような効果も一切ないので、くれぐれも対策を怠らないようにしてください。

服用方法は空腹時がベスト

性交の約30分~1時間前に服用します。ED治療薬の中でも、最も食事やアルコールの影響を受けやすいので、服用時は空腹であることが望ましいとされています。
食事と重なってしまう場合は、飲食前に服用し、体内に薬の成分を取り込ませてから食べ始めてください。どうしても食後に飲むときは、油ものを控え、食べて2~3時間経ってから服用すること。

気になるバイアグラの副作用は?

体調

顔のほてり、動悸、目の充血、頭痛、鼻づまり、視界が青く見えるなど。いずれも、薬の効果が持続している間に起こり、効果減少とともに薄れていきます。レビトラ、シアリスと比べると、やや副作用は起こりやすいと言えるでしょう。
そもそもバイアグラは血管拡張剤であるため、顔のほてりや目の充血は薬が効いてきた証拠として認識するといいでしょう。頭痛や動悸は、酒に酔っている時の状態と酷似しています。
薬の効果が薄れてくると、鼻づまり、視界が青く見えるといった症状が出てきます。いずれも、気になる副作用がある場合は、遠慮なく担当医師に相談することをおすすめします。

薬の飲み合わせに要注意!

併用すると命の危険を伴う薬があります。心疾患(狭心症、心筋梗塞、不整脈など)で処方されるニトログリセリンやアミオダロン、硝酸剤などが該当します。慢性血栓塞栓性高血圧症で治療中の人も要注意です。
保険外とはいえ、持病のある方は必ずお薬手帳を持参し、医師の指示を仰ぎましょう。

偽物が多数流通 個人輸入は危険!

個人輸入

海外に流通しているものの中には、危険な成分を含んだものも多く、何と約60%が偽造品だと言われています。事実、死亡事故なども報告されているほどです。ちゃんとした流通経路をたどることができればいいのですが、いかんせん、個人輸入ではそこまで確認するのは難しいですよね。
信頼できる代行業者を見つけるというのも現実的ではないでしょう。安さに飛び付いて命を失っては元も子もありません。きちんとした入手経路を持つ医師にかかり、処方してもらう方が安全、安心です。

3種の薬のうち、バイアグラのいいところとは?

普及率の高さと即効性です。やはり、ED治療薬の先駆者として活躍し、世界中で使用されているという点で得られる安心感はとても大きいです。また、比較的、即効性にも優れています。個人差はありますが、勃起の硬さが強いと感じる人も多いと言われています。